蓮に揺れる興亡の跡。土浦市・信太範宗の墓

茨城県指定史跡第1号である土浦城のほか,土浦市には戦国期の平城遺構として「木田余城」があります。
 
現在,この木田余城はほとんど消失していますが,蓮田に浮かぶように,わずかに遺構として城主・信太範宗(しだのりむね)の墓が残されています。
 
範宗は,かの上杉謙信などとも戦った小田城主・小田氏治に仕えました。確執から,氏治の命を受けた菅谷氏により16世紀半ばに謀殺されたとされますが,その顛末には諸説あり,はっきりしたことはわかっていないそうです。
 
450余年後の現在。興亡は彼方へと流れ去り,蓮田を吹き渡る風が,ただ優しく墓碑をなでています。
  
信太範宗の墓:
茨城県土浦市木田余4978

関連記事一覧