レトロカフェファン垂涎。つくば市・カフェ ポステン

筑波山参拝道として徳川家光が整備した「つくば道」。つくば市北条から筑波山神社までの散策を楽しむことができるこの道は「日本の道百選」にも選定されています。

今回ご紹介する「カフェ ポステン」は、そのつくば道沿いに佇む、国指定登録有形文化財である大正時代の郵便局をリノベーションしたカフェ。

郵便局の名残を残こし、お店の前では赤い郵便自転車が出迎えてくれます。
正面の、水色の可愛らしい扉からいざ入店…と思いきや、エントランスは建物脇の路地の先にある木製引き戸。カラカラと心地よい音で、すでに心が癒されます。

さてこのカフェは、当サイトの人気記事である同つくば市の「Shingoster LIVING + cox 」と並ぶ、つくばカフェの双璧。端正を極めたcoxに対し、陽だまりの中にいるような、おだやかな温かみのある「ポステン」は、レトロ系カフェファンには垂涎の空間です。どちらも素敵で甲乙つけるのは難しいですが、カフェ好きには堪らない空間であることは間違いなし。


店内には様々な種類の椅子がバランス良く配置され、思い思いの空間で思索に耽ることができます。地場の素材を用い、彩りよくワンプレートにまとまられたフードメニューや、こだわりの焙煎珈琲をお好みの席で味わえば、日々の喧騒ははるか彼方に流れ去り、ただ心地よい時間だけが残るでしょう。市街地から少し距離はありますが、是非ともお運び頂きたい名店です。

カフェ ポステン:
所在地:茨城県つくば市北条183
​定休日:火曜日(その他不定休あり)
営業時間:11:00~18:00(ランチタイム 11:00〜15:00)
ラストオーダー: 17:30 ​
電話:029-867-5565​
駐車場:店舗の向かいに8台分
公式HP→【 カフェ ポステン】

つくば市:
万葉の昔より信仰の対象とされてきた名峰・筑波山の南麓に位置し,数多くの研究機関が集積する科学の街・つくば市。研究所をまわる夏休みのサイエンスツアーも大人気です。
その他の記事はこちら→【つくば市】

関連記事一覧