日本の四季を詩情豊かに表現。和菓子・田中清月堂

和菓子・田中清月堂のイラスト

桜町の老舗和菓子店「田中清月堂」さんでは、定番商品の「あん玉」に加え、季節ごとに様々な商品を販売しています。なかでも私が好きなのが、6月末に行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」にあわせて供される「水無月」。

氷を表した三角形のういろうの上に、邪気払いの小豆が乗っているともので、和菓子の命である季節感を、ミニマルかつ詩情豊かに表現した意匠が見事です。

もともとは京都の伝統的和菓子で、土浦市内で提供しているお店はほとんどないようですが、歴史あるこの街の風情との相性は抜群。もっと広まってくれることを、毎年初夏になると期待しています。梅雨時前の厄払いに、ぜひ一度ご賞味ください。

※土浦では、6月末の「夏越の祓」に、各神社で「茅の輪くぐり」が行われ、明けて7月、その際に焚き上げた人形の灰を湖面に流し、無病息災を祈願する「夏越大祓形代流し神事」が行われています。
田中清月堂 営業情報:
住所:土浦市桜町4-1-2
電話:029-821-1087
定休日:水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です