馥郁たる香り漂う老舗。柴沼醤油醸造

土浦市はかつて、野田や銚子に並び、関東三大醤油生産地としてその名を馳せていました。現在、一軒だけ残っているのが、市内虫掛、筑波山を望む桜川のほとりにある「柴沼醤油醸造」。

「紫峰しょうゆ」を代表に、広く親しまれる商品を持つ同蔵は、1688年創業。実に300年以上の歴史を誇る老舗です。重厚な瓦屋根の母屋、赤レンガの壁に白塗りの煙突といった外観はまさに老舗。馥郁たる醤油のかおりが漂う蔵の中では、100年以上前から使われる巨大な木桶が今も現役で使われるなど、いたるところから歴史の長さが感じられます。

工場見学も随時受け付けているので(必要人数制限あり)、ぜひ一度見学されてはいかがでしょうか。

 
店舗情報
柴沼醤油醸造:
住所:土浦市虫掛374
電話:029-821-2400
定休日:土・日

常陽新聞2015年10月14日号「まちかどレトロ探訪 土浦画報 vol.13」に収録されました。

関連記事一覧