今も漂う水郷の情緒。稲敷市・新古渡橋

つくば市を源流とし,稲敷市で霞ヶ浦に注ぐ小野川。この川と国道125号線バイパス交差地点に架かる「新古渡橋」,新しいの?古いの?と,地元でない方はちょっと混乱するかもしれません。

この一帯は,昭和25年の茨城百景に「古渡(ふっと)湖畔」として選定された場所。この橋の名前,正しくは「シン・ふっとばし」と読みます。

選定された頃とずいぶん趣は変わりましたが,広がる水田,ゆったり流れる水面,水際の葦原,そして釣りに興じる太公望達…と,今も水郷の風情が漂う風景が広がっています。

新古渡橋:
所在地:稲敷市古渡

関連記事一覧