町中が熱気に包まれる3日間。石岡のおまつり

「常陸國總社宮例大祭」。「石岡のおまつり」として親しまれているこのお祭りは、「川越氷川祭」・「佐原の大祭」と共に関東三大祭りの一つとして知られ、毎年9月15日からの3日間に行われています。

このお祭り独特のものが幌獅子(ほろじし)。この幌獅子は、獅子頭から延びる胴体に獅子小屋と台が付いていて、その周りを幌が覆うというもので、お囃子と共に獅子が進むさまは圧巻の大迫力です。

また、各町内の女性による「おっしゃい隊」も、このお祭りならではの見もの。「おっしゃいおっしゃい、おっしゃいな~」の口上とともに扇子や提灯を持って囃す様が、お祭りに一段と花を添えます。

期間中3日間で約40万人の見物客が訪れ、町が熱気に包まれるこのお祭り。「正月やお盆には帰省しなくても、おまつりには帰る」と言われるほど、市民に根付いているそうです。


常陸國總社宮例大祭(石岡のおまつり):
開催日:毎年9月15日より3日間

常陸國總社宮公式HP: http://sosyagu.jp/

関連記事一覧