• LEISURE
  • スポーツ・レジャー

春風に泳ぐ200匹の鯉のぼり。香取市・橘ふれあい公園

慶長10年(1605年)、土井利勝の命により農業用ため池として築かれた橘堰周辺を、公園として整備した千葉県香取市は「橘ふれあい公園」。

ローラー滑り台をはじめフィールドアスレチック、キャンプやボート遊びなど、多彩に楽しめるこの公園の春を彩るのが、約200匹の鯉のぼりです。

最近ではめっきり見ることも少なくなった大型の鯉のぼりが、橘堰の上を列をなして風に泳ぐさまは壮観の一言。毎年4月末より5月頭まで、古き良き日本の風情を味わうことができます。

橘ふれあい公園:
所在地:千葉県香取市仁良1
鯉のぼり掲揚期間:令和4年は4月25日(月)~5月9日(月)

香取市:
外浪逆浦に面する千葉県香取市は,東国三社のひとつ香取神宮を擁する歴史ある街。三大小江戸の一つ佐原の街並みは,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
その他の記事はこちら→【香取市】

関連記事一覧