馬と神輿のガチバトルin行方。八坂神社の馬出し祭

ユニークな祭礼が多い行方市の中でも,その迫力で有名なのが,市の無形民俗文化財にも指定されている,行方市天王崎は八坂神社の「馬出し祭」です。

この祭礼が行われるのは,毎年7月の最終土曜日と日曜日の2日間。1日目の宵祭りは,神輿を先頭に行列が集落の中を練り歩きます。そして2日目の本祭り,いよいよ名にし負う「馬出し」が始まります。

ヤマタノオロチに見立てた馬と,祭神・スサノオノミコトに見立てた神輿が八坂神社の境内で決戦。馬が激しく暴れながら境内を駆け抜ける様は迫力満点です。この馬の手綱を取る役は「はんな」と呼ばれ,祭りの花形とされるそうですが,さもありなん・納得の勇敢さ。戦いが終わると,神輿を霞ヶ浦の中に入れる「浜降り」が行われます。

多様な祭礼の存在は,地域の豊かな文化的土壌のたまもの。先にご紹介した「ナーバ流し」や「どぶろく祭り」「関取稲荷」と併せて,ぜひご覧いただきたい霞ヶ浦の文化です。


馬出し祭:
開催期間:毎年7月の最終土曜日と日曜日
開催地:茨城県行方市麻生420 八坂神社
YOUTUBEなどでも動画がご覧になれます。

ナーバ流しはこちら →「五穀豊穣・子孫繁栄を祈る奇祭。行方市・ナーバ流し」
どぶろく祭りはこちら →「地域で醸す伝統の味わい。行方市・どぶろく祭り」
関取稲荷はこちら →「またの名を関取稲荷。行方市・化蘇沼稲荷神社」

関連記事一覧