雪の降るまちかど。備前大橋

この週末は、予報が外れることなく、ここ土浦市も年に数度の雪の日となりました。

前日までは「仕事に支障が出ないか」などと考えていたものの、朝、窓を開けての雪景色は、何歳になっても心に響くものがあります。

イラストは、土浦市とつくば市を結ぶ土浦学園線、備前川にかかる「備前大橋」からの風景。時折釣りをする人が見られるこの場所、水面との距離が近く親水性の高い、何気なくも素敵な場所です。

こんな雪化粧の折は、まるで藤沢周平の時代小説のワンシーンのよう。日常のシーンの中に、胸に沁みる美しさが転がっていたりするこの街。やっぱり良いな、と思います。

関連記事一覧