集落を見守り今もたたずむ。佐野子の五輪塔

田んぼが一面の水鏡となる初夏、この街の味わい深い景色の一つに、佐野子地区の巨大な五輪塔の風景があります。

市の指定文化財でもあるこの五輪塔、建立は600年以上も前、室町時代とのこと。高さ約2.6mのこの巨大な石塔は、ぐるりを囲む年経た墓石たちと共に、水田の真ん中に鎮座しています。静かな時間が流れるこの一帯、特に田植え時は、日々成長する稲と、悠久の時を刻む石塔との対比が素晴らしい風情です。

東日本大震災の際に倒壊してしまいましたが、現在は復旧。自分たちが開墾した土地を、子孫が耕し暮らすのを、きっとこれからも優しく見守り続けるのでしょう。

※イラストをスケッチブックにもアップしました。

 

石造五輪塔:
住所:土浦市佐野子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です