霞ケ浦の時の流れが凝縮。かすみがうら市・崎浜横穴墓群

広大な蓮田が広がるかすみがうら市・加茂。県道118号線を行くと,北側の斜面に無数のカキ殻が積もり,ところどころに横穴の開いた地層が現れます。おびただしい量の貝塚に見えるこの地層の正体は,約13~12万年前,死んだマガキが潮流により集積し,自然に積もっていった「化石床」。現在の霞ヶ浦一帯が,かつては海であった事を今に伝える名残です。

そして横穴の正体は,それから遥かに時が流れ,古墳時代後期(約1200~1300年前)に作られた古墳だそう。歴史の教科書でおなじみの645年(今の教科書では646年ですが)大化の改新により,それまでの巨大な墳墓が簡素化され,この崎浜横穴墓群のような,あまり労力を費やさない横穴式が見られるようになったそうです。ここでは,棺を安置する場所が墳墓内の正面のみのもの,正面と左右の計三か所のもの,様々なタイプを見ることができます。

リンリンロードでのサイクリングやドライブの際,悠久の時の流れが凝縮されたこの場所で,古代に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。


崎浜横穴墓群:
所在地:かすみがうら市加茂782-1
※私有地のため,見学の際は所有者の迷惑とならないようお気を付けください。

関連記事一覧