ご先祖様専用・特製リムジン。佐野子の盆綱

佐野子の盆綱のイラスト

街のそこかしこに、夏休みを謳歌する子ども達の声が響くこの季節の風物詩が、佐野子地区の伝統行事「盆綱」。

地域の皆で編んだ大きな藁の龍を、毎年8月13日の夕刻、手拭いをかぶった子どもたちが曳き歩きます。お墓でご先祖をお迎えしたのち、集落の各戸に霊を乗せて行くという、なんとも水都の面影を感じる祭礼です。これ程丁寧に敬ってもらえれば、ご先祖もさぞかし安らかな事でしょう。

盆綱は、霞ヶ浦周辺の他、千葉の印旛沼周辺等で見られる珍しい風習ですが、少子化の影響で継承が年々難しくなっているとのこと。現在茨城県でも、県を挙げてその調査が進められています。

なお、かつては顔を墨で黒くしてから頬かむりをしたとのことで、イラストはそのイメージで描いてみました。黒く塗った顔が、より精霊感を増す演出になっているのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です