茨城県内唯一!重要伝統的建造物群保存地区,桜川市・真壁の街なみ

桜川市真壁町には,104棟もの登録文化財の伝統的建築物が存在し,茨城県では唯一の「重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)」に指定されています。

江戸時代からほとんど変わらない町割りに並ぶのは,見世蔵や土蔵・石蔵・塗屋といった,江戸時代末期から昭和前期頃にかけての多様な伝統的建築物。この小さな地区に,104棟もの登録文化財があるというは驚くべき事で,全国でも126地区・関東においては6地区しかない重伝建に指定されているのも,さもありなんというものです。

ちなみに,重伝建指定されている地区は,白川郷の合掌造り集落・木曽は妻籠宿・京都の産寧坂といった,名にし負う歴史ある場所ばかり。地域の歴史の古さだけでなく,それを大切に守っていこうという,地元の方々の並々ならぬ想いがなければ,到底受けられない指定なのです。桜川市すごい!

平成23年の東日本大震災では,全国の重伝建の中で最も大きな被害を受けており,実に9割以上の建造物が損傷を負いました。現在も続く災害復旧では,同時に一般修理を進めることで,景観の向上が図られています。

古い街並みが好きな方は必見!今に伝わる江戸の風情を,ぜひお楽しみください。また,地区中央の陣屋跡地には,地区の交流の場・観光案内施設として「真壁伝承館」が平成23年に開館しました。現代的デザインでありつつ,大きさ・色・形とも,周囲の街に巧みに調和しており,館内では真壁地区の成立過程の展示解説などがなされています。

つくばかすみがうらリンリンロードの北側終点である岩瀬駅にも近いので,サイクリングと併せてのお立ち寄りもおすすめです。

桜川市真壁伝統的建造物群保存地区:
所在地:茨城県桜川市真壁町真壁
真壁伝承館:
所在地:茨城県桜川市真壁町真壁198

桜川市:
筑波山の北麓に位置する,山と里の景色豊かな桜川市には,茨城県内唯一の重要伝統的建造物群保存地区・真壁の街並みをはじめ,歴史を感じさせる風景が多く残されています。
その他の記事はこちら→【桜川市】

関連記事一覧