土浦の花火、近くで見るか?遠くで見るか?

日本三大花火の一つに数えられる、土浦の花火。鑑賞にあたっての特等席はやはり桟敷席、眼前で繰り広げられる花火の大パノラマは、素晴らしいの一言です。

一方、遠くで見るのもまた、乙なもの。イラストは、生まれも育ちも土浦の友人から聞いた、素敵鑑賞スポット。会場から数km離れた、荒川沖・常磐線に架かる跨線橋の上から見る花火です。

現在でも見えるか分かりませんが、以前はこの日になると、夕方から近所の人が集まり、遠く夜空に咲く花を眺めたとか。

毎年この街のあちこちで、思い思いお気に入りの場所から、夜空を見上げる光景が見られます。そこに住む人たちが、それぞれにお気に入りの場所がある街。良い街の、条件の1つであると思います。

関連記事一覧