漁民安寧の願いを帆に込めて。霞ヶ浦の帆引き船

霞ケ浦の風物詩、帆引き船。雄大な湖面と、風をはらみ大きく広がる白い帆のコントラストは、多くの写真愛好家をひきつけて止みません。この帆引き船は、明治時代初期に、現在のかすみがうら市出身の折本良平が、漁民の生活安定のために発明したものです。

良平による帆引き船考案以前は、1km以上の大きな網を数十人の人手で引く「大徳網漁」が行われていました。この漁では、収入の多くが網元のものとなりましたが、そんな状況を憂えた良平が、漁民の収入向上のため、少人数での漁が可能な漁船として生み出したのが「帆引き船」です。この発明により、地域の生活は大きく安定したといいます。

帆引き船はメカニズム上、帆に受ける風と、水中の網の抵抗力をバランスさせ、操縦されています。このため、水中の網、そしてそれを帆とつなぐ綱なくして、帆引き船は運行しえません。まさに、霞ヶ浦の風をうけ、漁をするために発明されたものだったのです。

一方で、現在の観光帆引き船は、獲った魚を売ることができない「特別採捕」という許可のもとで操業されており、もっぱら水上の白い帆面にばかり視線が行きがちです。ですが、その成り立ちを想い、水中の網にまで思いを馳せながら鑑賞することで、より趣深い姿が見えてくるのではないでしょうか。

 

※かすみがうら市坂の「かすみがうら市歴史博物館」では、帆引き船に関する多くの資料を見ることができます。

かすみがうら市歴史博物館:かすみがうら市坂1029-1
電話:029-896-0017
営業時間:通常 9:00~16:30
定休日:12月28日~1月1日・月曜