白鳥と青の風景。土浦市・滝田のコブハクチョウ

土浦市滝田,公営浴場「霞浦の湯」北側のちょっとした砂浜には,いつ頃からか十数匹のコブハクチョウが居ついています。冬季には,オオハクチョウの姿が見えることもあり,市民と野鳥のちょっとしたふれあいの場となっています。

私も時々眺めに行くのですが,思い思いに寛ぐ白鳥を見ていると,自然と浮かんでくるのが若山牧水の一首

「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」

孤独に苦しみつつも旅と自然を愛した,日本を代表する歌人が23歳で読んだこの一首は,牧水が青春の悲哀をつづったものとして語られることが一般的です。私も,初めて触れた際に感じたのは,その深い孤独と哀感でした。

けれども齢を経たいま,水面を漂うその姿を見やりながら思います。染まりたいと,切に願うほどに美しい青と出会えただけでも,白鳥は十分幸せだったのではなかったのかと。

43才で夭逝したこの歌人に,晩年にはこの一首をどう思っていたのか聞いてみたいな…などと,白鳥を見ると,ついつらつらと考えてしまうのでした。

所在地:茨城県土浦市滝田2

土浦市:
霞ヶ浦西浦の西端に位置し,江戸の頃より茨城県南の要所として栄えてきました。ナショナルサイクルルート「つくば霞ヶ浦リンリンロード」の拠点となっています。
その他の記事はこちら→【土浦市】

関連記事一覧