土浦市と阿見町にまたがる国防拠点。陸上自衛隊霞ヶ浦駐屯地

霞ヶ浦駐屯地は,茨城県土浦市右籾と阿見町にまたがる陸上自衛隊の駐屯地です。分かりづらいのですが,土浦側が関東補給所が駐屯する「霞ヶ浦駐屯地」,霞ヶ浦に面する阿見町側が,武器学校が置かれる「土浦駐屯地」となっています。
 
さてその「霞ヶ浦駐屯地」にて毎年5月下旬に開催され(※1),多くの人が集まるのが「霞ヶ浦駐屯地開設・関東補給処創立記念行事」。屋外コンサートやトロッコ運行,装備品見学などの様々なアトラクションが行われ,多くの人が訪れる人気イベントですが,中でも人気なのが戦車・ヘリの試乗です。

巨大な戦車がアスファルトの上を轟音を上げて走るさまは圧巻で,「力」という概念をそのまま具現化したような圧倒的迫力。試乗には事前応募による抽選か,当日抽選でのチケットが必要ですが,どちらもかなりの高倍率,私は未だに乗れたことがありません。

軍用ヘリが急上昇するさまも旅客機とは全く違う迫力で,傍から眺めているだけでスリリング。高所が苦手な私は,こちらについては地上から眺めているだけで十分満足です。
 
またこの地は第二次大戦時まで,大日本帝国海軍航空隊の拠点とされており,飛行船ツェッペリン号の停泊や,パイロット養成機関「予科練(※2)」が配置されていた等の歴史があります。当時の様子については,阿見町におかれている予科練平和祈念館で詳しく知ることができます。
 

霞ヶ浦駐屯地(関東補給処):
所在地:茨城県土浦市右籾町2410
公式HP:霞ヶ浦駐屯地

土浦駐屯地(武器学校):
所在地:茨城県稲敷郡阿見町青宿121-1
公式HP:陸上自衛隊土浦駐屯地武器学校

※1:令和2年度および3年度は新型コロナウイルスの影響により中止となっています。
※2:予科練平和祈念館についての記事はこちら → そして少年達は大空に散った。阿見町・予科練平和記念館
※3:当記事については,自衛隊を「国の平和と安全を維持・生産する」ものとして「生産の現場」にカテゴライズしました。

>

関連記事一覧