咲き誇る桜のなか、平和の尊さを噛みしめる。阿見町・井関農機

1921年に霞ヶ浦飛行場が開設されてから、1945年に終戦を迎えるまで、阿見町は日本における予科練訓練の重要拠点でした。

このため、町内には戦時の名残が散在しています。トラクターやコンバインなどの農業機械を製造する一部上場企業「井関農機」もその一つ。

敷地内には、戦時中に練習用飛行機の格納庫に使われていた「中央格納庫」が現存しており、現在でも農業機器の保管庫として使われているそうです。レンガの外壁からは、重厚な歴史の重みが伝わってきます。

また、同社では毎年桜が見ごろの頃、敷地の一部を一般開放しており、阿見町の桜の名所としても知られています。咲き誇る桜の中、軍事遺構を眺めながら、平和の尊さに思いをはせてみてはいかがでしょうか。


井関農機:
所在地:茨城県稲敷郡阿見町大字阿見4818番地
開放期間のお問合せ:029-887-6761

関連記事一覧